時計

Piaget Altiplano Ultimate Concept腕表 2mm超凡时计问鼎超薄腕表世界之巅

Piaget出産を促しだすために超薄表を作成する領域全く新しい山頂峰では行って、ブランドは一つ研究開発チーム簡単にきわめてきわめて困難な任務を交付します:できるだけ構造をすきがなくて厚さを実行して良い最低極限まで(に)下がらせて、同時にチップ信頼度と美学が現れるを軽視してはいけません。再度、Piaget所属技師、デザイナー、モデリング師および、表を作成する師は史上かつてないソリューションを出して、かつて見たことがない超小形化手続きために全体になった平らで広々とした道を敷きます。貴重なDミリメートルに減少するため、こモデルが独特で腕時計を限定して新型エキストラスティッフ、堅固なコバルト基ハイテク合金(cobalt―basedhigh―techalloy)を使って、腕時計が極致細かくて薄い度あまりを持ちを確保して、依然として外部から力ためくねくねしていません。Altiplano UltimateConcept腕時計は「2つを併せ持つ」構造を採用して、取り除いた内部チップと外に殻境界線を表していて、表して殻双方向がなる外に部品とチップ基板にありをさせて、AltiplanoUltimateシリーズ識別特徴にもなります。全体チップはおよび、皆改めて考えて、設計と製作を通じて(通って)殻細部モジュールを表して、極致細かくて薄い追求に達するため、部分歯車厚さはただ0.12mm(互いに伝統チップ歯車0.20mmに比べて)だけに達します。こ全く新しい機械構造中で、百点中一つミリメートルを度量部門にして、職人および、表を作成する師が数年間が現れてただ本当でようやく累積することができる熟練していてすばやい度を行わなければならないを意味します。普通な腕時計使ったガラスが鏡を表すは1mmで、こコピーブランド腕時計使ったサファイアクリスタルガラス、厚さも0.2mmまで(に)減少させられます。しかし極めて重要で、AltiplanoUltimateConcept技術革新は5項特許を搭載して、ひっくり返すチップは配置してAltiplanoUltimate素晴らしい美学あまりを与えて、これら特許チップためにモジュールを設置してとてもすばらしい視野を提供したをも保護します。
9時位置、ボール・ベアリング機関骨組みを配置した上に、直接改めて設計する調速装置を通じて(通って)構造を適当な場所に置きました。並べて橋板に順番に当たりをキャンセルして、伝統構造中で調速装置はじか付けにで百が(incabloc)が避けて器上に震動するを記録するを加えられます。輪軸、ボール・ベアリング機関内側レースとベアリングを並べて分割するべきもがない一体を形成します。こような構造下で、車輪と空中に垂れる糸を並べて固定的でスリーブそしてで逆さまにして、つまりイタリアは固定に順番に当たって並べていて空中に垂れる糸上方に順番に当たりを並べて、しかし後者は通常空中に垂れる糸スリーブ上で固定します。削除する空中に垂れる糸長さ調節器が音階を通して並べて空中に垂れる糸杭に順番に当たることができる償いを得ます。こシリーズは精密で正確な度と等時性前提を確保する下に、著しい低減調速装置厚さを改善します。

6時位置、設計ぜんまい箱を革新しても特殊で独特な構造を搭載しました。それはぜんまい箱外側とぜんまい箱を免除してかぶせて、ボール・ベアリングぜんまいを適当な場所に置いて直接骨組みと結び付けて、ボール・ベアリング機関から外部で導いて、動力をボール・ベアリング機関内側レースを通じて(通って)伝送します。大きい鋼車輪とぜんまい軸柄軸はぜんまい箱上方で一体並置になります。こ技術構造もこチップ部品が配置するがすきがなくて隣り合っているを確保して、全体軽薄な度を助けて、同時にチップ自主的にする性を確保して、AltiplanoUltimateConcept腕時計44時間動力を持って貯蓄します。

3時に位置コントロール・システムも改めて取り調べるを通じて(通って)思い慕います。そ設計は機能を提供してモジュールを選びにあって、そ中は設定は時間、腕時計上で鎖あるいはいかなる機能とと関係がある機械系ために対聯が発生して動きを含むことができます――たとえば期日あるいは月相は学校を加減します――これに類する装置今後完璧に兼ねてこ機械構造を添加させられる中。これは一つ重大な革新で、超薄を開いて表を作成して複雑な機能全く新しい視野を添加します。更に特別なは、こ装置はジョイスティック、組み立てからジョイスティック上ピニオンで構成して、1つ選択てこを配備してと歯車(およびジョイスティック)と歯車(多い歯車つながり間)間で動態を形成して連絡します。これら歯車はそれぞれに特定機関と関連して、そため選択性は相応する機能を制御することができます。こ目的を実現するため、通常しゅう動歯車は直してカタツムリ形ねじ様式で存在して、そこでもし回転軸類がそれを直接駆動でと同一平面上歯車あるいはピニオン(重なり合っている形式でではない)に位置することができる。てこを選んで1組と車輪とピニオンに介在して繋がって、こ配置はそ自由な選択と任意歯車つながり(及び各自代表機能)かみ合います。こ手段を使って輪列選択性と連ねて動きを実現しに来て、大幅に部品数量を削減して、そためも構造順列を装置内でもっと密集していさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です